碧旻翔鶴 (へきびんしょうかく)
碧旻翔鶴~碧い空を翔ける岩商の白鶴たちへ~
12345
2018/05/15

本の読みかた①

| by:情報管理部

本校では「朝読書」の時間を設け、毎朝10分、全員で本を読んでいますね

みなさんは、どんな読み方をしていますか?
・先頭ページから読んでいる
・全部読まなくてはならない
・本に書き込んではいけない
ん?そんなの当り前じゃないの??

はてさて
「本の力をより自分の力に変えていく」人はどうしているか
まず、本を手にしたときに「私が知りたいことは何だろう?」
なぜ、この本を手にしたのか?
そんな風に「問い」を立てると読む姿勢も、より主体的になるそうです

気になるキーワードを探す
自分で購入した本なら、書き込んでいく
近頃は、人が読んで線や折り目を入れた本も学びになると、古本の人気があるそうです
そのくらい、書き込んで学ぶ事に、より価値があると考える人が増えたのかもしれませんね

「知らなかった」を「知っている」に
「知っている」を「やってみたことがある」に変えていく
「やってみた」うえで「気づき」を得る
本に書かれていることを自分の力にするには
素直にやってみる、自分で気づきを得ること

後ろから読んでも、気になる箇所だけ読んでも構わない
かえって、よりその本が気になって、全部を知りたくなるかもしれない
今の自分に必要な情報や言葉に出会う

本の読み方、自由に読んでいいんだよって言われたら?
一冊の本に掲載されている情報や経験
どんな言葉に出会えるだろう?


15:35
12345
碧旻翔鶴 トリビア
トリビア >> 記事詳細

2017/11/24

碧旻翔鶴 「学ぶ」は「真似(まね)ぶ」

| by:情報管理部
碧旻翔鶴 なりたい自分になるすてきな質問5

誰から、何を学びますか?

「学ぶ」は「真似(まね)ぶ」
 人の動作や技術をよく見て真似をし、自分のものとして体得する
 「真似をする」が「真似る」となり、やがて「真似ぶ → 学ぶ」となった。
なんて説があるそうです

あのイチロー選手も、田尾選手という方の真似から入ったそう。
最初からオリジナリティーを求めるのではなく、まずは何かの真似からスタートする
ふむ、ふむ

私たちは家庭を通して、食べる、着替える、寝る、笑う、話すあれこれ
親の真似をすることからたくさんのことを「真似び、学び」育ってきました
生活環境の整え方など、生活導線の基準をそれぞれ持っていることでしょう

そうそう
「型破りなんて言葉もありますが
思うに、基本の「型」があって「型破り」になる

基礎基本、ルールや前提がしっかり整っていて、柔軟性が発揮される
自分の軸となる考え方をもつ
どんな応用力や、想像力、創造力にながっていくだろう?



「夢や希望がトントン拍子に叶い、自分でも憧れるほどの大人の自分」想像してみて
モデルにしている人はいますか?
その人ならなんというだろう?
自分はどうこたえるのだろう?
その人の得意から学ぶことは何ですか?
自分のほうが得意で助けになることは何ですか?
仲間の素敵は何ですか?
〇〇な人と出逢うには、どこに行ったら逢えるだろう?

誰の素敵をどう真似たいですか?
「真似び」から何を「学び」どんな「型」を得て「型破り」に変えていこうか?

15:25
碧旻翔鶴 タイトルの由来

<タイトルの由来>  碧旻翔鶴 (へきびんしょうかく)

「碧旻高く~♫」から始まり「白雲~鶴に似て」とあります本校の校歌
時を知らせる鐘の音が窓に響く城の上空、白い鶴が、碧く澄み渡る大空を羽ばたく

そんなイメージが浮かびました。重厚感ある素晴らしい歌詞よりいただきましたタイトルです
自由に空を翔ける白鶴のごとく羽ばたけ岩商生!!


平成30年度が始まりますね。新学年をどう始めましょうか?
どんな理想を持って4月を迎え、この一年にどんな可能性を見出そう?


このホームページタイトルにもあります 「夢、希望、未来、地図」 素敵なデザインですね。
夢や希望を胸に、人生の地図をどう描き、どんな未来へ向かいたい?

<しつもんします>
「今年度の終わり、どうなっていたら最幸ですか?」