碧旻翔鶴 (へきびんしょうかく)

2018/02/02

碧旻翔鶴 トリビア 「導くのは正しさよりも・・・・」

| by:情報管理部
二回にわたり、話を聴くことは愛情を伝えることになるというお話をしました。
話をする側としては、自分の気持ちを理解して聴いてもらう事で愛情を感じたい
そういう見方、考え方、感じ方もあるかもしれません

ところが、悩んでいるとか、相談したいと言われると
悩みから脱出しなくちゃ、答えを出してあげなきゃ、いろんな思いがめぐり
愛情だと思って、本人の代わりに解決方法を探してしまうのかもしれません

そんな時に浮き上がってくる一つが
~すべき、~ねばならない、~しなさいよ、~に注意しなさいという正しさ、正論
時にナイフになってしまう
「~しなさい。自分が注意すればいいだけ。がんばりなさい」
これでは方法さえわからない

でもね、問題はそこなんです
その正しさの通りにできれば悩まない、困らない

もしかしたら、良かれと思って言った言葉が
自分は駄目な人間だと思わせ、落ち込ませてしまうのかもしれない
伝えたいのはそんなことではないですよね

自分で考えることが出来るように話を聴いてあげる
「聴く」ことこそ、伝えるになる

一度、「できること」「できないこと」を受け入れて聴いてあげること
まずは、状況や話しの奥にある思いを引き出し「聴く」ことで、理解をしたいと願う
正しさを伝えるのは、「聴く」ことで理解し、互いの信頼のもと
一緒にどうしたら正しさに近づけるのか、共に考えられるようになれたら素敵ですね



次回もお楽しみに
15:35
碧旻翔鶴 トリビア
トリビア
12345
2018/10/10

碧旻翔鶴 人生は甘くない?

| by:情報管理部
人生は甘くない?

一説によると
苦労をしたことがない人に限って、「人生は甘くない」と言う。
ですって。

苦労をしてきた人ほど、そんなことは言わない。  それは何故か。
やってみたら、案外上手くいくもの、と知っているから。

相談をすると「どんどんやりなさい」と言える経験をつんできた人だから
経験することから得られるものごとの多さ、大きさを知っているから
実際に苦労をしたことのない人、やらずに無難を選んできた人は
やってみたことがないので「人生そんなに甘くない」というのだそうだ

「止めたほうがいい」と忠告する人は
あなたが成功するのがうらやましいだけだ、とも

なるほど。。。 ここで、あなたはどう考えますか?
自分は、どうしたいのだろう? そのどうしたいを実現するために何ができる?

どんな思考で、どんな行動をするかは自分で選んでいい
つまり、誰かに何かを言われたときは、もしかしたら
自分の本気や準備の度合い、自問自答させてもらえるチャンスなのかもしれませんね

誰に何をいわれたから止めた、でもなく 人生甘くないし、失敗したくないからやめるでもない


人生は、やるか、逃げるか。そしてやり過ごすという知恵も持つ
案外やってみたら上手くいくかもを、どう行動に移すのか?
どのようにしたら、うまくいくだろう?

15:25
12345
碧旻翔鶴 タイトルの由来

<タイトルの由来>  碧旻翔鶴 (へきびんしょうかく)

「碧旻高く~♫」から始まり「白雲~鶴に似て」とあります本校の校歌
時を知らせる鐘の音が窓に響く城の上空、白い鶴が、碧く澄み渡る大空を羽ばたく

そんなイメージが浮かびました。重厚感ある素晴らしい歌詞よりいただきましたタイトルです
自由に空を翔ける白鶴のごとく羽ばたけ岩商生!!


平成30年度が始まりますね。新学年をどう始めましょうか?
どんな理想を持って4月を迎え、この一年にどんな可能性を見出そう?


このホームページタイトルにもあります 「夢、希望、未来、地図」 素敵なデザインですね。
夢や希望を胸に、人生の地図をどう描き、どんな未来へ向かいたい?

<しつもんします>
「今年度の終わり、どうなっていたら最幸ですか?」