碧旻翔鶴 (へきびんしょうかく)
碧旻翔鶴~碧い空を翔ける岩商の白鶴たちへ~
12345
2018/06/08

碧旻翔鶴 「主観」と「事実」

| by:情報管理部
何か問題が起こっている、伝えたい事がある、状況の整理をしたいと悩んだ時に、役に立つ考え方があります。
例えばクラス、チーム、仲間で同じ目標に向かっているとか、何かを成し遂げようという時
特に、多かれ少なかれ人の感情が乗っている場合
「~のせいで」「~だったらよかったのに」「~して欲しかったのに」
話し合いをしても混乱するなんていうこともありますね
それは、悩んだり思い出してはいても、考えてないと言ってもいい状態で、注目する観点がずれている
さてそんな時、どのようにしたらいいだろう?


「主観」 と 「事実」 をわけてみる

「主観」って何?
自分のフィルターを通した考え。同じものごとでも人によって見え方が違う
私はこう思う。で表現される言葉と言うとわかりやすいでしょうか?もっと具体的にいうと
 「この部屋寒い」「あなたのせいで時間を無駄にした」「無視された」「怒られた」「お前のせいで試合に負けた」  わお↓

「事実」とは?
国や文化が違っていても、100人中100人が同じ事をいう

「部屋の温度は18度」「約束の時間から30分待った」「会話をしなかった」
「提出期限は〇時と確認した」「対戦相手との戦績は二勝五敗です」「選手がPKを失敗した」


ものごとの本質に目を向ける。事実から考察する。つまり、感情を手放して思考のスイッチに切り替える
不安だ、心配だ、~だったらどうしよう → 事実にフォーカスする
どのようにしたら上手くいくだろう? 目的はどこにある? 本当に伝えたいことは?

・少し寒いのでエアコンの温度設定を変えてもらえたら嬉しい
・待っている間どうしたのかととても心配だったので、連絡してもらえると安心できます
・お話が出来たら嬉しいです。ご都合はいかがですか?
・提出期限をうっかりして失礼しました。以後、気をつけます。
・二勝五敗の対戦相手に勝つためにどんな準備が出来るだろう?
・いざというときに活躍できる選手はどんな練習をしているだろう?今から出来ることはなんだろう?

主観と事実を分ける。そんな風に意識をすることから始めてみませんか?
15:25
12345
碧旻翔鶴 トリビア
トリビア >> 記事詳細

2018/06/12

碧旻翔鶴 話し合いが盛り上がるアイスブレイク①

| by:情報管理部

「活発な意見交換をしよう」と考えての打ち合わせ
発言が多い一部の者だけが意見を出し続け、その意見に引っ張られ黙っている状態
そんな困った状況を、あっという間に「盛り上がる会」に変える効果的な
アイスブレイクをいくつかご紹介したいと思います。

第一回目の今日は「ヒーローインタビュー」というゲーム

  • 2人1組になってもらう。aさんは聞き手、bさんは話し手(途中で交代)
  • aさんは先に「自分が一番活躍したとき」のことを聞く役目
  • あたかもMVPへのヒーローインタビューのようにどんどん盛り上げて聞き出す
  • 「いつのこと?」「どうしてそうしたの?」 「それでどうなった?」「どう感じた?」...などしつもんをする
  • キーワードをホワイトボードに書いておく
  • 交代して、bさんが聞き役になる


このアイスブレイクのポイントは、聞き手側にあります。
まるでオリンピックの記者になりきり、相手が話したくなるインタビューをしよう!

誰か一人を選んでデモンストレーションをしても良いですね
話し上手な人がいる場合には、その人を指名するとより盛り上がるかも
話し手の回答に目一杯のオーバーリアクションを見せるとどう?
大きな声で「ええーーー!すごいですね!」と手振りや表情を意識
このデモンストレーションもやれたなら、実は重要なアイスブレイク
大きなリアクションを演じるあなたを見て、笑いが起きたら儲けもの!

場が打ち解け、雰囲気がよくなりますように
自分の成功体験を人が興味深く聞いてくれると、口と心が自然と開くもの。
その後の会議で、活発な意見交換やアイディア出しにつながるはずです。
試してみて!


15:35
碧旻翔鶴 タイトルの由来

<タイトルの由来>  碧旻翔鶴 (へきびんしょうかく)

「碧旻高く~♫」から始まり「白雲~鶴に似て」とあります本校の校歌
時を知らせる鐘の音が窓に響く城の上空、白い鶴が、碧く澄み渡る大空を羽ばたく

そんなイメージが浮かびました。重厚感ある素晴らしい歌詞よりいただきましたタイトルです
自由に空を翔ける白鶴のごとく羽ばたけ岩商生!!


平成30年度が始まりますね。新学年をどう始めましょうか?
どんな理想を持って4月を迎え、この一年にどんな可能性を見出そう?


このホームページタイトルにもあります 「夢、希望、未来、地図」 素敵なデザインですね。
夢や希望を胸に、人生の地図をどう描き、どんな未来へ向かいたい?

<しつもんします>
「今年度の終わり、どうなっていたら最幸ですか?」