碧旻翔鶴(へきびんしょうかく)
碧旻翔鶴~碧い空を翔ける岩商の白鶴たちへ~
12345
2017/11/21new

碧旻翔鶴 人生は甘くない?

| by:情報管理部
人生は甘くない?

一説によると
苦労をしたことがない人に限って、「人生は甘くない」と言う。
ですって。

苦労をしてきた人ほど、そんなことは言わない。  それは何故か。
やってみたら、案外上手くいくもの、と知っているから。

相談をすると「どんどんやりなさい」と言える経験をつんできた人だから
経験することから得られるものごとの多さ、大きさを知っているから
実際に苦労をしたことのない人、やらずに無難を選んできた人は
やってみたことがないので「人生そんなに甘くない」というのだそうだ

「止めたほうがいい」と忠告する人は
あなたが成功するのがうらやましいだけだ、とも

なるほど。。。 ここで、あなたはどう考えますか?
自分は、どうしたいのだろう? そのどうしたいを実現するために何ができる?

どんな思考で、どんな行動をするかは自分で選んでいい
つまり、誰かに何かを言われたときは、もしかしたら
自分の本気や準備の度合い、自問自答させてもらえるチャンスなのかもしれませんね

誰に何をいわれたから止めた、でもなく 人生甘くないし、失敗したくないからやめるでもない


人生は、やるか、逃げるか。そしてやり過ごすという知恵も持つ
案外やってみたら上手くいくかもを、どう行動に移すのか?
どのようにしたら、うまくいくだろう?

15:25
12345
碧旻翔鶴 トリビア

2017/10/24

碧旻翔鶴 トリビア ありがとうノート

| by:情報管理部

「ありがとうノート」


須藤元気さんをご存知ですか?元格闘家、作家、タレント、・・・本を読むのがとても早いとか?

WORLD ORDER」独特のダンスなども人気ですね。著書も何冊もだされていて、マルチな才能を発揮されているようです。

彼の著書に書かれていた 「ありがとうノート」
願いがかなうかもしれない、叶うような気がしてくるノートを作ってみませんか?    

 ・一冊のノートを用意します。

  ・願いを書きます。

 ・そのノートを、ありがとうで埋め尽くしていきます。

いっぱいになったら願いが叶う。そう信じて書いていきます。何日かかってもいいそうです。


願いがどうとか言う前・・・あら不思議。気が向いた時、なんとなくもやもやした時、やる気の出ない時

ノートを開いて、「ありがとう ありがとう ありがとう・・・・・・」
ひたすら書いていくうちに・・・あれ?何を悩んでいたんだっけ?なんだか気持ちが楽になっていくような気がします。

「ま、いっか。次に取り掛かろう。」 気持ちが軽くなる。 嬉しくなる

 「ありがとう」が心にあふれる。 願いが叶ったら、なおステキ。


どうでしょう?「ありがとう」感謝って、強制されたり、しなければならないものではないはずです。

忘れていたことを思い出す、大切にされているのだと気付く
当たり前に感じていたことを改めて当たり前じゃないと気付く
それぞれにいろいろな支えがあると思います

ノートをわざわざ用意しなくても家庭で、普段使っている手帳やノートの隅っこに
「ノートの余白」
学びのノートにいっぱいの「ありがとう」
無理なくすぐに試せそうで、良さそうなきがしてみませんか?


「ありがとう」は感じるもの


(
参考文献:「今日が残りの人生最初の日」 講談社 須藤元気)


15:25
碧旻翔鶴 タイトルの由来

輝く青春、毎日元気にたゆまぬ努力を続ける岩商生のみなさん。
平成28年度が始まりひと月が過ぎようとしています。新学年をどう始めましたか?
どんな理想を持って4月を迎え、この一年にどんな可能性を感じているでしょうか?


このホームページタイトルにもあります 「夢、希望、未来、地図」 素敵なデザインですね。
夢や希望を胸に、人生の地図をどう描き、どんな未来へ向かいたい?
問いかけ、答えを一緒に探しながら、想像力と創造力アップをしていけたら嬉しい。
そんな願いをこめて綴っていきます「碧旻翔鶴」
どうぞ、よろしくお願いします。

<しつもんします>
「今年度の終わり、どうなっていたら最幸ですか?」


<タイトルの由来>

 碧旻翔鶴 (へきびんしょうかく)

「碧旻高く~♫」から始まり「白雲~鶴に似て」とあります本校の校歌
時を知らせる鐘の音が窓に響く城の上空、白い鶴が、碧く澄み渡る大空を羽ばたく

そんなイメージが浮かびました。重厚感ある素晴らしい歌詞よりいただきましたタイトルです
自由に空を翔ける白鶴のごとく羽ばたけ岩商生!!